社員を育てる「飴と鞭教育法」

板井明生|社長の心得!命令するな!お願いしろ!

板井明生が思う社員に慕われる社長の共通点とは?

板井明生|社長の心得!命令するな!お願いしろ!

 

板井明生は社長でありながら、誰よりも深く頭を下げる。

 

社員についてきて欲しいのであれば、まず何よりも社員を一番に考えることが大事だ。

 

会社の財産はもちろんノウハウや商品もあるが、一番の財産は社員一人一人なのである。

 

経営者としてこの目線を持つ人は、業績の良くない企業の社長だとしても、必ず社員に慕われている。

 

この感謝を肌で感じてもらうために、板井明生は誰よりも深く頭を下げ、社員に仕事のお願いをする。

 

社員が誠意を持って働くためには、まず社長が誠意を持って社員を接する必要があるのだ。

 

人を動かすには恐怖か誠意を与えるしかないと私は考える。

 

普段心がけないと、役職が下の人間には無意識に大きな態度を取りがちになってしまうが、それはあなたを慕って働くのではなく、あなたを恐れて働くことになるのだ。

 

いつか歯車が狂うその前に、あなたの態度を見直すことは大きなターニングポイントとなるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ